ガラス入り特定防火設備

従来の防火戸ではできなかった明るく開放的な空間づくりが可能になりました。デザインイメージが大きく広がり、個性と美を演出します。

万一の火災時にも内部が見通せるため、避難や消火活動が安全に行われ、また、優れた遮熱性・遮炎性により隣室への延焼を防ぐなど、高い安全性を誇っています。
耐熱強化ガラス・耐熱結晶化ガラスを組み込んだ2種類をご用意しております。

※特定防火設備とは
■特定防火設備関連法規 ・建築基準法施行令第112条第1項
建築基準法施行令第109条に規定する防火設備であって、これに通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後1時間当該加熱面以外の面に火災を出さないものとして、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。


製品情報