個人投資家の皆様へ

印刷をする

今後の取り組み

新中期経営計画(2016年度~2018年度)

グローバル化の推進

グローバル化の推進

工作機械事業では、アジア市場(中国・インド・東南アジア)や中南米市場(メキシコ)での販売体制と技術・サービスサポートを充実させます。
日系ユーザーの海外工場における需要増加に対応するほか、現地メーカーとの提携により共同受注も開始し、市場開拓を進めています。
その他、建材事業、火器事業、特装車両事業においても競争力の高い商品、成長性の高い分野を中心に、販売力・開発力の強化に取り組み、売上拡大を目指します。

収益力の向上

収益力の向上
稲沢太陽光発電所(愛知県)

すでに2013〜2015年度の前中期経営計画において、原価低減や経費削減に取り組み、企業体質を強化してきました。新中期経営計画においても、収益力の向上を中心とした取り組みを継続していきます。
また、遊休資産の有効活用として太陽光発電事業にも参入しました。稲沢工場地内に建設した太陽光発電所は、2013年5月より稼働を開始しており、全量を売電して収益につなげます。